スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワクチンの話

ワクチンの話

今回はスタジオやダンスに関係ない話です。
でも私にとってベリーダンスは生命賛美でもあるから、関係ありです。

うちの娘は、予防接種というものを一切受けていません。
インフルエンザの類いも。それでも何一つ、大きな病気にかかっていません。
風疹だけは彼女が妊娠するまでに(本人今のところ出産を強く希望)やらなくてはいけないとは思っています。

私自身もBCG以外の予防接種はしていないようです。
小学校低学年までは、インフルエンザ、日本脳炎を学校で接種していた記憶があります。

もともと予防接種には、違和感があります。
絶対病気にかからない魔法ではないし、それよりも重度の副反応の可能性の方が怖いです。
そしてワクチンには、あきらかな利益相反を感じます。

厚労省は必ず受けなくてはいけないような、告知をします。
義務ではないことを知らない方も、いまだにいるんじゃないかしら。
学校入学の時に、接種してないと入学できませんと言われたという方もいましたが、それは憲法違反です。
そしてワクチンは何からできていて、どんな添加物を含むのかも知らずに接種しているでしょう。国も医師も情報提供しないし。

近年はひどい副反応が出ているのに、厚労省が中止しようとしないワクチンがあります。
HPVワクチン(子宮頸がんワクチン)

うちの娘が学校から、生理用品のサンプルをもらってきました。
それについていた冊子に、子宮頸がんを防ぐ為に接種を受けましょうとありました。
副反応が問題視されているのになんで?という思い、少し調べました。

驚いた事に、子宮頸がんそのものを予防する効果は証明されていません。
不妊の可能性がある「アジュバンド」を含むのもを、若い女性に推進する目的が不明です。
学校に行けないほどの副反応に苦しむ10代のお嬢さん達が大勢いるのに、厚労省は調査に乗り出そうとせずに、推奨を再開しようとしています。

先日、参議院議員会館での被害者報告会にも参加しました。
政治やお金の世界には、すぐにたちうちできそうにないので、被害にあったお嬢さん達の為に、祈りとプラス何かできることはないのかとの思いです。
私や娘は健康で、毎日踊ったり、学校に行ったりできるから。

接種を決めたお母さん達は、これで娘がガンにならないならと考えたのです。
母娘を傷つけることは、すぐにやめて欲しいです。

とりあえずは、10/11のチャリティーショウは、いつも通り、国境なき医師団へと、HPVワクチン被害者救済の寄付にしようと決めました。
ワクチン賛同派の方も、これなら協力してくださるでしょう。

長文読んでくださった方、ありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MIHO

Author:MIHO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。