スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/5〜8/7

昨年の出発とは違い、寝坊はしなかったものの、相変わらず走り込みでぎりぎりの搭乗。
乗ってしまえば、飲み放題、12hのフライトはあっという間。

まずはセルビアを目指すので、イスタンブールのトランジットホテルに1泊。
運が悪いとホテルへのシャトルを2hくらい待たされ、チェックインに1hくらい待たされ、、なのですが今回はすべてがスムーズ。(といっても30分は待ちますよ)ラッキーでした。

6日の早朝に再びアタチュルク空港。
1h前にボーディングタイムなのに、結局5分前に搭乗。
セルビアまで2h弱のフライト。
ベオグラード空港で無事に増永先生、まーちゃん一行と合流。
これから始まる、長い長い車移動の予定を何も知らされず、旅はスタート。

まずは増永先生の知り合いのミーチョさん一家と合流。
セルビアタワーを案内してもらい、セルビア国を一望。

山のゲストハウスへ。
到着したとたん目にしたのは、今夜私たちを含めた客人達へ振る舞う羊の撲殺。
その後の血祭りは目にできず、次に見れたのはくるくる回って丸焼き。
結構大きな羊さん。人も羊もこんなに苦労しているのをみてしまったからには、食べない訳にはいかない。
夜のパーティーで、ほとんど肉を食べない私は1口でギブアップ。シンプルな命の味がしました。

両サイドボタンのアコーディオン奏者のお兄さんが来たり、自家製のプラムのお酒(サキヤっていったかな?)飲んだり、セルビア舞踊踊ったり。
移動で疲れで、長時間は参加できなかったのですが、素晴らしいもてなしを受けました。

翌日7日、、山を散歩、焼きたてパンの美味しい朝食の後、、昨夜飲んだプラム酒のプラムを拾う仕事を命じられる。
炎天下の中、相当拾ったよ、、ご一緒したミーチョさんの奥様とお嬢様と増永夫妻も一緒。
マナカも最初の30分くらいは真面目にやっていました。

そのあとまた美味しいムサカをごちそうになり出発。
つぎはさらに山奥のコテージに移動。ご飯を炊いて、まーちゃん達がカレーを作って夕食。
マナカは増永先生に宿題をみてもらう。うらやましーい。

当たり前で星が綺麗。
マドカの長い長いUFOの話。
明日にはまた移動だってー、もったいない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MIHO

Author:MIHO
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。